Page: 2/13  << >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
景。
「名所江戸百景」が好きだ。
歌川広重の浮世絵、略して江戸百。
ポップな景、沁みる景、粋な景、
色っぽい景、不思議な目線で切り取られた景、
やけっぱちとしか思えない景が満載だ。

江戸百というくらいなので描かれているのは東京近辺。
中には「湯しま天神坂上眺望」のように
周りの景色こそ違うが
鳥居や階段など現在も変わらず残っている場所もある。

私の家は旧東海道の傍にある。
ご近所も描かれてないかなと探してみると
品川、梅屋敷、羽田、鮫洲。
街道筋だもの、然もありなん。
などと思っていたら、以外にも大森が描かれていた。
しかも駅近、「八景坂鎧懸松」。

 ネットによれば
 この松は高さ20メートル程の大きさで
 奥州征伐に向かう八幡太郎義家が
 八景坂を登りきったところで
 松に鎧を掛けて休んだという
 伝説があるそうだ。
 現在この松はもちろんないが
 その三代目といわれる松の切り株が
 天祖神社にあるという。

 てんそじんじゃあ?

 地元の人間なら
 誰しも知ってると思う。
 大森駅西口を出て
 池上通りを渡ると
 すぐに神社に続く階段がある。
 ほう。
 この浮世絵の
 下の方から続いてるのが
 八景坂で
 現在の池上通りと
 云われている。
 東京湾を望み、左の方は品川。
 絵の真ん中ら辺、
 海辺の松並木が東海道らしい。



ということは、現在私が住んでいるあたりは
この絵からははみ出てしまうが

この松並木の右方向の延長上ということか。

しかも東海道の外側。
海やがな。
いやいや。
家の向かい(海側)にはお寺がある。
このお寺の創建時期は?
と調べてみたら鎌倉時代だった。
海ではなかった。
でも「海岸寺として建てられた」とネットにはあるので、海っぺりであることには違いない。

因みに私が生まれ育った家は、やはりこの絵からは右にフレームアウトしてしまうが
八景坂と東海道の間、だいぶ東海道寄り。
そして家人の実家は、この絵の鎧懸松を見ている地点の後方じゃないだろうか。
(まあ、山の手のおぼっちゃま。)

しかし、そうは云われても鎧懸松がある辺りは何処なのだろうか。
どうもイメージできない。

しばらくの間、鎧懸松のことばかり考えていた。

答えは向こうからやって来た。

地元のお友達、Sさんが、
「ほら、これ。」と云って、「月刊おとなりさん」を見せてくれた。
「月刊おとなりさん」は大田区、品川区の情報誌である。
Sさんは、大森風に吹かれてでお馴染みのミュージシャンが掲載されていると
私に見せてくれたのだ。

「ふむふむ」とページをめくっていると
「八景坂鎧懸松」の記事があった。

記事によれば、鎧懸松は現在の大森駅山王口(大井町寄り)に直結した
ララという商業ビルの辺りにあったという。
ララは1978年に開業し、それ以前は山王会館名店舗街という商業施設で
その前は、とあるお方のお宅であった。
1957年頃山王会館着工の際、そこにあった大きな松の木(鎧懸松の三代目?)は
件の天祖神社に移植され、やがて枯れてしまったそうだ。
ララの池上通りに面した入り口あたりに
たい焼き屋さんがあり、そこに鎧懸松があったというのだ。

こうなると「八景坂鎧懸松」は俄然、天祖神社辺りから鎧懸松を臨んだ風景の様に思えてきた。

ほう。これは見に行かなければ。
ということで行って来た。(今までもさんざん歩いてたけど)



上の写真は大森駅西口を出てすぐのところ。

横断歩道は池上通りで
渡ったところに見えるコンクリートの塀のようなところは階段であり、
この階段を上ると更に天祖神社に続く階段の麓にでる。



そして階段を上ると天祖神社。
  

でもって天祖神社から池上通りの横断歩道を見たところ。
結構、高い。



池上通りを大井町方面に臨んだもの。浮世絵当時よりは緩やかな坂だ。

 
下の写真がララ。何故か鎧懸松の垂れ幕が。これは旬の話題なのか?



でもって下の写真がララの前辺りから池上通りを臨んだところ。
右側手前の緑は街路樹だが、奥の緑は天祖神社のもの。
やはり、この浮世絵は天祖神社からの景色なのか。



下の写真は池上通りから左手に降りる階段。
突き当りの先には大森駅のホームがある。JRの線路は池上通りと平行に続いている。
そして突き当りの右手には飲み屋街(通称地獄谷!)がある。

  

地獄谷から池上通りを見上げたところ。
文字通り、だいぶ下った。



これが地獄谷。いい感じのお店がいっぱい。


大森駅のホームから、地獄谷と隙間の向こうの池上通りを臨む。
石垣の上が地獄谷の地面だ。

 

そして、下の写真は駅の外、東海道側にでたところ。
東海道側から池上通りにはJRのガードを潜って行く。
このガードの左側(東海道方向)はもう下らない、ずっと平らである。



鎧懸松のある崖っぷちをJRが走り、大森駅がある感じ。
天祖神社からこのガードまで、かなりの高低差を実感した。

鎧懸松はもうないが、「八景坂鎧懸松」の景はちゃあんとありました。
| まつ | 01:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
くぅ。
とある国の王様が亡くなった。
そこで王女の婿が後を継いだ。
しかし、この婿、
もとは愚直という言葉がふさわしい黙々と働く農夫であった。
だから王様になっても、ひたすら畑を耕した。
家臣達は皆、この新しい王様に呆れて国を出て行き、
この国には王様と同じく黙々と働く人々だけが残った。

そんな訳で、この国には給料も税金もない。
生きていくための食べ物や服や靴や家は自分達で作る。
足りないものは物々交換すればよかった。
お金は必要なかった。
だけど豊かな国であった。

そんな様子を見ていた大悪魔は面白くない。
なんとかしてやろうと
別の国の王様をたぶらかし、
この国に戦争を仕掛けさせた。
だが、兵隊達が攻めていっても
この国には迎え撃つ兵隊はいない。
戦うことができないので
兵隊達は働く人々から搾取しようとする。

ところがこの国の人々、
「お金はないが、食べる物なら沢山あるから」と
自分達の作った食べ物を差し出す。
「もし、生活が大変なのなら
 私達があなた方を食べさせてあげるから
 暫くこの国にいればいいさ。」

兵隊達は困って自分達の国へ戻ると
大悪魔にたぶらかされた王様は
「やつらの家畜を殺し、畑を焼いてしまえ。」と命じた。

兵隊達は命じられたとおり、
家畜を殺し、畑を焼いてしまう。
その国の働く人々はただ泣くばかりで、
だれも自分を守ろうとするものはいない。

彼らは兵隊達にむかって、
「何のためにこんなことをするのか?
 何のために私達のものを無駄にするのか?
 もしあなた方が必要なら、
 みんな持って行って使えばいいのに。」と言う。

兵隊達は悲しい気分になり、
もう前へは進まないで、
八方へ逃げ散ってしまった。。。

「イワンのばか」というお話。
この元農夫の王様はイワンである。

ああ、原発で懲りたはずなのに
また後世の人達に顔向けのできないことになりそう。
なんとか為らんもんか。


| まつ | 00:40 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
今日の終わりに。
近頃テレビを点けて
「酒場放浪記」がやっていると
ついつい見てしまう。
いや、本当は毎回楽しみにしている。

言ってしまえば
文化人っぽい人が飲み屋さんを訪れ
ただお酒を呑んで
最後はれろれろになり
一句ひねって終わっていくだけの番組。

一体どこが好きなのだろう。

番組の初めのほうで
1970年代、80年代に流行った洋楽がかかる。
その頃は私も今よりは音楽を聴いていた。
そこでかかるものは
当時聴きまくっていたものも少なくない。
まずそこで食いついてしまう。

吉田類さんのキャラクタや
ナレーションも好きなのだと思う。

でも一番好きなのは
常連との絡みなのかもしれない。

多少の温度差はあれど
そこで呑んでいる人たちは皆楽しそう。
老若男女、働いていた人もそうでない人も
一日の終わりに一杯やっている。
その光景を見ているのが好きなのだ。
毎日の締め。
わーっと呑んでまた明日。

ホント、イケる口じゃないのが残念なのだワ。



 
| まつ | 00:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
カメもいます。


先日、毎度おなじみ、近所の大森ふるさとの浜辺公園へ行った。

わりと朝早めなので家族連れはおらず、
一人黙々と歩く人やランニングする人などがチラホラいるなか、
目を引いたのがカモメ達(ユリカモメか?)である。

朝ご飯の時間なのであろうか、
近くに寄ってみると
足踏みをしながら、時々クチバシを水の中に突っ込んでいる。

足踏みも不思議だったのだけど
もっと不思議なのは等間隔の並びである。




とにかく等間隔。

そういえば、鳥は空を飛んでいる時も
キレイに校型の編隊を組んで飛んでいたりする。
電線にとまっている時も等間隔の印象だ。

鳥ってやつは一体何を考えているのか?

検索してみたらば

校型の編隊は、
前の鳥が羽で空気をかき混ぜるので
後ろの鳥はそのまでは飛びづらいから
斜めにズレるらしい。

そうやって少しずつズレていくので
群れで飛ぶと、結果的にキレイに校型の編隊になると。

電線の方は、飛び立つ時に羽がぶつからないようにという説が。

どちらも非常に合理的な感じである。

この波打ち際の等間隔も
きっと何か理由があるのだろうなあ。

そういえば以前、
「京都鴨川ベリに座っているカップル達が
 測ったように等間隔なのは何故か?」
というTV番組(探偵ナイトスクープだったか?)を見たな。
残念ながら、どのように解明したかは覚えていない。

パーソナルスペースってやつかもしれないけど
個人差はあるだろうし、等間隔はやっぱり不思議。

この日、等間隔のカモメ達の前を通り過ぎていくと
何故かカメ。




大森ふるさとの浜辺公園にはカメもいるのでした。



結構おっきい。
| まつ | 23:30 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
お正月というには
 

もう成人の日も過ぎでしまい、遅すぎますが
つつがなく新しい年を迎えられました。
今年もよろしくお願いします。

年末年始は相変わらず何をするでもない感じで過ごした。
大晦日はおせち製作。
私は普段、長時間台所に立つことがないので
飽きてしまわないように
いつの頃からか、ひたすら音楽を聴き、
「いぇー」とか言いながら
おせち製作をするようになった。

今年はこれ、「アリ・ヤ・マニア」。
有山じゅんじさんのベストである。
おーいぇ。

そんなこんなで新年を迎え、
大滝詠一さんの訃報を知ったのは元旦であった。
もし、すぐに知っていたら
これを聴きながらおせち製作をしていたのかもしれない。



はっぴいえんどのBOX。
私はこの中の初期のライブが収録されている一枚を
毎日ずっと聴いていた時期がある。

最初にはっぴいえんどを聴いたのは高校生の時。
「12月の雨の日」を聴いて
初めて聴く音楽だと思った。

でも大滝さんの歌声にぐっときたのは
それから何十年も経って
このCDを聴いてからだ。

若き日の大滝さんの歌声にやられてしまっていたのである。
ねちっこいその歌声はなんともカッコよく。
これを生で聴きたかった。
この時ライブにいたお客さんが本当に羨ましい。

もしかしてライブでは、その後もこの歌声が聴けたりしたのだろうか。

このCDの冒頭、バンドの名前を呼ぶ司会者の声がはいっている。
「ヴァレンタインブルーというロックバンドです。」
「12月の雨の日」を演った後、
大滝さんは
「ヴァレンタインブルーって紹介されたんですけど 
 今度、はっぴいえんどって名前換えたんです。(客席苦笑)
 次は永島慎二氏に捧げる歌」と言い、
「春よこい」が始る。
| まつ | 01:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
同い年
 

暦の上ではでっせんば、でもハートはさばいばー。
というわけで
本当に暦を考えた人は凄いと思う。
とりあえず、ぼんやり生きていても
メリハリが自動的についてしまうのである。

2014年下期の朝ドラは
「あまちゃん」の後を受け
得意の子役で最初の一週間を乗り切った。

現在ヒロインは大阪へ嫁入りし、
私としては、いけずの小姑キムラ緑子さんと
ぬか床の吉行和子さんが気に入っている。

最初の一週間、ヒロインは子役だったのだが
実は冒頭、昭和20年、焼け野原で
ヒロイン杏が大きな鍋をかきまぜて
子供たちに食べ物をよそってあげるシーンから始まった。

そこから36年遡り、明治の終わりへと舞台が移る。
ヒロインは6歳。

明治の終わりから大正、そして終戦まで。
「へー」と思ってしまった。
そんな短い間に、と思ってしまった。

あの時代を想像することはできない。
でも36年という歳月の長さをイメージすることはできる。
なんか不思議な感覚。おもしろい感覚。

なんだか年取るというのも
おもしろいモンだね。
私のようにぼんやり生きていても
長く生きているというだけで
こんな感覚を味わえる。

先日、天皇皇后両陛下がインドに訪問したニュースを見た。
テレビには53年前に両陛下が植えたという菩提樹が映っていた。
私と同い年。
| まつ | 23:48 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
悦に入る
 

今年はクリスマスプディングと遭えた!

ここ数年、12月24日くらいに思い出して
売ってるところを捜したりしていたのだが、
結局遭う事が出来ずにいた。

今年は思い出したのが早かったせいか、
アメ横で売っているとの情報をネットより取得。

今日、実家へ行く前に、早速アメ横へ。
しかし、売っているという店が全然見つからない。
私は実家へ行くとき、荷物が多くなるので
いつもキャリーバックをガラガラしている。
今日は、アメ横のあっちこっちをガラガラしてしまった。

途中、愛読している御仁のブログによく登場する
「大統領」という呑み屋さんを見つけて、
「へーここか」となったり、
「あまちゃん」の「アメ横女学園」ロケ場所を見つけて、
「ホントに階段もあるんだー」となったりしたが、
クリスマスプディングを売っている店はいっこうに見つからない。
タイムリミットになってしまい、一旦あきらめて常磐線に乗車。

落ち着いてiPhoneで検索してみて、やっと場所がわかった。
実家からの帰り、閉店ギリギリで、やっと手中に収めた。

うふふ。とても嬉しい。

クリスマスプディングとは英国でクリスマスに食べるモノのようであるが
実際のところはよく知らない。
大好きな坂田靖子先生のマンガに
かつて、よく登場していたのを知っているだけである。

実は10年近く前、一回だけハロッズで売ってたのを購入し、
食したことがある。

パウンドケーキのもっとしっかりしたやつで、
お酒がもの凄く効いていて、
しかも、もの凄く甘い。

その時は、とってもあこがれていたクリスマスプディングを
初めて手に入れられた感動とは裏腹に
味にはあまり感動できなかった。
そのためか、
クリスマスプディングに対する私の熱は冷めてしまったのだが、
ここ数年、
また、クリスマスプディングへの想いが
沸々と湧いてきていた。

また遭えたクリスマスプディング。
あんまり美味しくないのもわかってる。
でもいいんだモン。
うふふ。ウレシイ。

実家からの帰りは大抵、見も心もボロボロであり
やっぱり、今日もボロボロで
だけど、今日はクリスマスプディングに遭えて
気持ち晴々である。

10月の情報処理試験は全然ダメダメで
次の勉強なんて全然やる気が起きなかったけど
なんだが、1月のTOEICやFP試験やjavaの勉強を
「がんばろ」という気にさえなる。

そうか、ずっとやりたかった事をやる事や
ずっと欲しかったものを手に入れる事は
単細胞にはテキメンなんだ。

もっとやろっ。
| まつ | 00:21 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
海へ
 3連休初日は高校の先輩がライブをやるというので池袋へ。
この日は同じく後輩の二人も出演していた。
(このうち一人はお店の人だったりする。)
後輩二人とは20年ぶり位であり、
元気な姿を見ることができて大変嬉しかった。
だが、ここは池袋である。
長い人生で数えるほどしか来たことがない。
相変わらず、右も左もわからず
人の多さに圧倒され、やっぱり馴染めない。
一緒にライブを見た大森在住のこれまた高校の先輩も同感のようで
「池袋は馴染めないよねー」と語りながら家路についた。

池袋もそうだが、私はもうひとつ苦手な場所がある。
新宿の向こうの武蔵野の方である。
やはり、勝手がわからないからか
どうも馴染めない。
用事があって行く時はとても緊張する。

実は、先週と今週は故あって武蔵野の方へ。
以前にも同じ用事があり、訪れてはいるのだが。。。

以前訪れた時、その近辺の「お散歩マップ」をもらってきた。
(少しでも馴染もうと思ったのかもしれない。)
マップを見ると
深大寺や大國魂神社など、結構興味ある場所もある。
その中で「品川通り」の文字を見つけた。
「まあ、私の知ってる品川とは関係ないね。」などと思い、
そのうち忘れてしまっていた。

ところが、その後「タモリ倶楽部」を見ていて、
「品川通り」は、かつて「品川道」という古道であり
大國魂神社のある府中から品川まで繋がっていることを知った。

そこでググってみると
大國魂神社の行事で、「品川海上禊祓式」というのがあるそうな。
「神職一行が品川海上に出て身を清め、
 清めの汐水を神社に持ち帰り、
 祭礼の間、この汐水を潔斎時に使う。」なのだそうである。

かつては、この行事のために
府中から「品川道」を通って
目黒不動尊や荏原神社で休憩しつつ、
品川海上まで行っていたようである。

本当に私の知っている品川に繋がってしまった。

ちょっと嬉しくなったので
3連休最終日の今日は
家の近所の「品川道」の痕跡を探してみた。

大井町の「品川道踏切」。
大國魂神社のある府中から
目黒不動尊のある目黒までの道はよく判らないが
目黒から大井町はなんとなく近そうである。

この踏切を渡って
大森在住の人間には馴染みのある「池上通り」を
海の方へ下っていき、
以前、通勤していた京急「青物横丁」を通り過ぎて、
「ジュネーブ平和通り」(すごいネーミング!)をずんずんいくと
「旧東海道」にぶちあたる。
品川の方へ歩いていくと
京急「新馬場」の駅の下を流れる「目黒川」に到着。



目黒川を渡ると「荏原神社」がある。
そして海はもうすぐそこ。


馴染みのないはずの武蔵野は
滅茶苦茶馴染みのある場所へと繋がっていた。

「場所」というのはどうやら線で繋がっているようである。
私はどうも「場所」を点でしか考えられない。
だから地図も読めないし、方向音痴なのかもね。

武蔵野の地には今週も行かなくてはならないが
先週よりも少し親近感が湧いてきた。


| まつ | 23:49 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
いがった

復活早々、朝ドラの話で恐縮です。
今年度上期の「あまちゃん」は
大ブームとか。
「MUSIC MAGAZINE」だって、こんなことに↓


そして先週は震災。
ヒロインのいる東京。
「大きい、大きい」、「やばい、やばい」

そう、こんな感じだったと
あの時が甦ったのは私だけではないと思う。

私は至急の調査の対応で
2人の同僚と一緒に会議スペースに籠っていた。
窓の外側を水がつたっていくのが
なんとなく目に入った。(真剣に仕事をしていない。)
雨でもないのに・・・?
すぐに地震でビルが揺すぶられて
窓枠に溜まっていた雨水が流れていることに気付いた。
「なにこれ、なにこれ」、「でかい、でかい」

至急の調査は、至急でなくなり、
とっくに電車が止まった19時頃、
「歩いて帰れるなら、帰っていいよ。」と言われ、
「そんじゃ帰る。」と職場を出た。

「初詣みたいだね。」
そんな感じで、大勢の人達と一緒に
第一京浜をぞろぞろと1時間程歩いてウチに帰った。
そして、TVであの光景を見た。

その後の放送で
あまちゃんは北三陸にもどり、
北三陸の人々と無事再会を果たす。
「いがった。また会えていがった。」

涙が止まらない。
木野花さん演じるかつ枝さんが無事だったからだろうか。
(ドラマの最初の方で「崖の下のかつ枝さん」と
わざわざ紹介されていたので、
「ああ、かつ枝さんはもしかして・・・」と思いつつも
私は忘れたふりをしてドラマを見ていた。)

そうじゃない。
ドラマに感動して泣いているのではない。
ただ単に、あの時の事を思い出して、泣いているのだと思う。
ドラマでどんな風に描いても
やっぱり、現実の方が凄過ぎて。

先週の「あまちゃん」を見ていて
もうひとつ甦ったことがある。

もう20年近く前。
朝、なんともいえない寂しい気持で目が覚めた。
まだ寝ていた家人を起こしてしまい、その気持ちを伝えた。
「なんか、物凄い寂寥感を感じるんだ。」

いつもより少し早かったが、
私は起きてTVを点けた。
関西で大きな地震があった事を知った。

| まつ | 21:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
あずさ
 

今週は生意気にも5日間の連続休暇であった。
(土日を含むと9日間!)
とは言え、年甲斐もなくはじめてしまった通信教育の課題提出締切が8月30日必着。
休暇前の段階で課題は全然できてない。
8月31日は、家人の初舞台だ。(ライブでなく、芝居ね。)

せっかくだから何処か行きたいと思い立ったのはよいが
旅行に使えるのは、8月28日、29日ぐらいである。

8月27日の夜、22時半頃、なんとか課題を仕上げ、
翌朝、8時ちょうどの「あずさ5号」に乗り込んで
信州へ行ってきた。

美ヶ原高原で涼を味わおうと思っていたのだけど
松本から高原へ行くバスは既にシーズンオフだと気づいたのは
当日の朝。

急遽、安曇野へ。(我らアンノン族世代。)
翌日は、当初から姥捨の棚田を見に行く予定だが、
昼くらいまでは余裕があるという。
つい、高原への憧れが捨てきれず
松本と姥捨の間にある、聖高原へ行こうということになった。

聖高原駅から高原行きのバスに乗る、筈だった。
が、バスは朝の7時過ぎに一本、夕方に一本だという。
聖高原駅に降り立ったのは、10時をまわっていた。

結局、次の電車で姥捨へ行くことにしたのだが、
次の電車まで小一時間。
なので、得意の散歩と決め込んだ。

ところが、この町、私達以外は歩いている人がいない。
街道の両脇は民家が立ち並んでいて
確かに人が住んでいる筈なのだが
人に出会わないのだ。

いかにも余所者の私達が歩いているのを
家の中から固唾をのんで見ているのか?
それとも、この町で何かが起き、町中の人が失踪してしまったのか?
それとも、ヘンな世界へ入り込んでしまったのか?

妙に心細くなって駅へ帰る途中、第一村人、いや町人発見!
年配の女性は私達に向って
笑顔で「こんにちわ」と声を掛けてくれた。

ほ。
大丈夫、なにも起きちゃいない。
考えてみれば、平日の真昼間、しかも炎天下。
家にいれば、私だって外に出たくない。
人が歩いていないのは、至極納得。



今日は実家へ行ってきた。
山手線、上野駅下車。
夏休み最後の土曜。
駅のコンコースは人、人、人。

うへー
と思いながらも
人ごみに埋もれて、ほっと安堵する私でありました。
| まつ | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode